1.フリーソフトのダウンロード

 以下のEXCELLマクロソフトの使用に際しての設定は、マクロセキュリティ「中」で、「マクロを有効にする」で駆動します。

1.部品管理記録ソフト
 部品表、入庫、破損償却、生産投入、残数、棚卸など、ジャストイン化で従来本倉庫が省かれたときの工程上の材料(部品)管理用のソフトです。
1、部品管理PMS( 一般Excel、Ver.V002001 作成:tsuruoka/tatehoko )
2、月度毎棚卸表(一般Excel、Ver.V003001 作成:tsuruoka/tatehoko )
3、生産可能台数確認(VBAマクロ、Ver.V006001 作成:tsuruoka/tatehoko )
部品管理記録ソフト.zip
zip ( 圧縮 ) ファイル 3.5 MB
2.工程品質集計表記録ソフト
 生産集計フォーム(Excelマクロ Ver.0040006 作成:tsuruoka/tatehoko)
入力作業時間短縮と、誤入力防止、そして閲覧の簡素化を目的で作成しました。
このフリーソフトの使用期限の制限はありません。
用途ごとにファイルの年度毎で「名前を付けて保存」をし、その後で利用してください。
 月度ごとファイル内にシートを増やせます。削除はシート毎に従来の方法で削除してください。
生産集計記録ソフト.zip
zip ( 圧縮 ) ファイル 46.1 KB
3.出荷検査成績表記録ソフト
 Excelマクロ Ver.V001001 作成:tsuruoka/tatehoko
入力作業時間短縮と、誤記入防止、そして閲覧の簡易化の目的で作成しました。
 このフリーソフトの使用期限の制限はありません。
年度毎生産モデルごとに「名前を付けて保存」し、その後で利用してください。
検査成績記録ソフト.zip
zip ( 圧縮 ) ファイル 35.4 KB

2.無償資料のダウンロード

1.工程能力確認テキスト
資料冒頭の写し
 品質問題には、要求条件との違いが有ることと、差が有ることの2つに大別される。ここでは、後者の評価を行うための「工程能力」の確認方法を説明する。
 製品完成時、材料や部品および加工方法により厳密には一台として同じものは無い。原因分析方法は後の課題として、この「バラツキ」の、規格との適合の評価の方法について学ぶ。その評価の方法を「工程能力確認」と呼んでいる。
工程能力確認教本Ⅴ.pdf
PDFファイル 2.2 MB
2.原因分析フォーム
 Ver.V003033 (作成:tsuruoka/tatehoko)
問題発生状況(4W2H)から原因候補を想定して、発生のあるものと無いものとの情報の整合性から原因を特定する、手書きのマトリックス表を使った昔から行われている原因分析方法です。
同じモデルで異なる生産場所でも同じ問題が発生しているとき、想定した原因が両者に有ったか共通した原因を特定するマトリックス表とがあります。
一般的Excel表(ドキュメント)で、使用期限の制約はありません。
 いずれも、あくまで発生した問題の原因を特定する手法であり、特許された次世代型の「たてほこ統計分析」のような未発生の問題とその複数の要因を拾い出すこともできる手法ではありません。
原因分析フォーム.zip
zip ( 圧縮 ) ファイル 22.9 KB
3.特許を解除した「トレーサビリティ原因分析プログラム」の生い立ち
デジタルカメラの多数個取りレンズ金型成型部品を投入して完成品質データの生産工程能力確認のための量産試作中の集計中に、「因果関係に一定の法則がある」ことに気付き、プログラム化し実際のトレーサビリティ(インデックス付)データを入力し品質の因果関係を証明できたことで、改めて2重に悪いところの原因を追究する手間を省けた其のプログラムを使ったシステムで特許を受けた生い立ちを説明しています。
開放特許データベースL2008004823プログラム原理説明書.pdf
PDFファイル 267.7 KB
4.当サイトで取り扱っている観賞魚用品の利用とその状態
'121012魚のいるへや.pdf
PDFファイル 5.0 MB

3.その他の無償提供

 This items content is editing now.    編集です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                       ページTOPへ

広告欄

 

一般広告、バナー広告及びアフィリエイト広告等を掲載します。「お問合せ」ページからお尋ねください。

準備中です。ご迷惑をお掛けしております。